重機用ドアハンドル アルミダイキャスト部品 – リバースエンジニアリング
2020.10.09
重機用ドアハンドル

○依頼内容

紙図と製品との差異があり、成形型を新規で起こす際、同等の物を製出来るデータが欲しい

普段フォリオデザインより鋳造をお願いしているダイキャスト会社より、「重機用のドアハンドル部品の製造依頼を受けたが、図面と現物が違っており困っている。」というご相談がありました。

3Dスキャニングデータ

本来有ってはいけない事ですが、製造に携わる方々は一度は直面する問題かもしれません。ただ現状使用されている現物さえ有れば、3Dスキャナーを使用たデータ作成が可能です。今回は3D測定(リバースエンジニア)を行い、3DCADデータを作成し納品しました。

3Dモデリングデータ

図面と現物が違う、図面が無いなどでお困りの場合は、フォリオデザインにお声掛けください。リバースエンジニアリングによるデータ測定やデータ作成を行います。また出張してのスキャニングも対応可能です。

ご相談はCONTACTページまたはメールにて問い合わせください。

カテゴリー

関連記事

2020.09.02
3Dプリンターによる自動車模型製作
自動車メーカーよりご依頼をいただき、1/10 スケールの精密模型を製作中です。ほとんどの部品をオリジナルで一から作って行…[more]
2020.06.13
カーボンフェンダー デザイン・製造
弊社ではレーシングカーで使用されるカーボンパーツのデザイン・設計・製造を行っています。写真はSTI社が毎年走らせているニ…[more]
2020.11.29
リバースエンジニアとドライカーボン製造
写真は2020年の秋に発売されたGRヤリスのシャークフィンアンテナ(写真左)と当社で開発したドライカーボンカバー(写真右…[more]
2020.06.26
飛沫防止パーテーション用クランプ
飛沫防止パーテーション用のデスククランプをデザイン・開発しました。板金部品を使ったデスククランプは多く見かけますが、人目…[more]
2020.06.15
筐体デザイン・設計・製造
VR望遠鏡のデザイン 観光地等で仮想空間の中に現実空間を取り入れた新しいコンテンツの再生する機器のデザイン・筐体設計・製…[more]
2020.10.06
自動車アフターパーツ製作 – 3Dスキャナーを用いたリバースエンジニアリング
フォリオデザインでは車種やメーカーに捉われない、オリジナル自動車アフターパーツの製作が可能です。 スポイラーなどの開発に…[more]