自動車アフターパーツ製作 – 3Dスキャナーを用いたリバースエンジニアリング
2020.10.06

フォリオデザインでは車種やメーカーに捉われない、リバースエンジニアリングを用いたオリジナル自動車アフターパーツの製作が可能です。

CADデータ化3Dスキャンしたボディデータを開発に活用

スポイラーなどの開発においては、3Dスキャナーを利用して自動車ボディデータを取得し、正確なデータを基にデザインを起こします。

リアスポイラー データ

弊社の開発手法では、デザインした形状をシームレスに3Dデータ化し、ABS樹脂などでマスターモデルを制作します。

ABS樹脂製 マスターモデル

これにより開発スピードが向上し、コストダウンにも繋がっています。

リアスポイラー FRP素地状態

小ロットのパーツ開発から、数量のまとまったプロダクト製品まで対応いたします。オリジナルパーツ製作をご検討の際は、まずフォリオデザインにご相談ください。

ご相談はCONTACTページまたはメールにておまちしております。

カテゴリー

関連記事

2020.10.19
各種機器用 オリジナルケース – 精密板金加工のデザインと設計
フォリオデザインでは、IT機器や各種装置用のオリジナルケースをデザイン・製造いたします。 依頼内容 害虫を駆除するために…[more]
2021.02.19
リアスポイラーのデザインと設計・製造-リバースエンジニアリング
当社ではリバースエンジニアリングを用いて自動車用部品のデザインと製造をしています。今回は2020年に発売されたトヨタ・G…[more]
2020.08.07
3Dプリンターによる小ロット製造-小型GPSモジュール用ケース
交通機関の実証実験に使用するGPS受信機ケースの、デザインと製造の依頼をいただきました。 3Dプリンターで出力した46×…[more]
2020.09.05
テールランプ用ブラケット開発-リバースエンジニア
現在カスタムを手掛けている車両のテールランプ用ブラケットの試作図面です。 ブラケットを取り付ける部分は、画像からも分かる…[more]
2021.02.19
真空注型-自動車用パーツ
自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエ…[more]
2020.09.02
3Dプリンターによる自動車模型製作
自動車メーカーよりご依頼をいただき、1/10 スケールの精密模型を製作中です。ほとんどの部品をオリジナルで一から作って行…[more]