SLA光造形-自動車パーツの検討モデル
2021.02.20
SLA光造形

自動車用アフターマーケット向けのメーターパネルのデザイン及び設計を行い、このあと製造する為にデザインを詰める段階で3Dプリンターで出力しながら検討を進めます。
このあと量産に向けて再度デザインを修正して完成になります。

カテゴリー

関連記事

2020.08.31
ABS樹脂 切削加工
ABS樹脂を切削加工し、アミューズメント施設の乗り物に付くハンドルを製作しました。こちらはお客さまのデータを基に加工を行…[more]
2020.10.19
各種機器用 オリジナルケース – 精密板金加工のデザインと設計
フォリオデザインでは、IT機器や各種装置用のオリジナルケースをデザイン・製造いたします。 依頼内容 害虫を駆除するために…[more]
2021.04.23
光造形による試作モデルの製作-デザイン検討用
製作を進めているワンオフカーのフロントグリルを光造形で試作しました。 フロントグリルの大きさは 910mm x 150m…[more]
2020.08.07
3Dプリンターによる小ロット製造-小型GPSモジュール用ケース
交通機関の実証実験に使用するGPS受信機ケースの、デザインと製造の依頼をいただきました。 3Dプリンターで出力した46×…[more]
2021.02.19
真空注型-自動車用パーツ
自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエ…[more]
2020.04.30
ラピットプロトタイピング-ゴムライク出力
3Dプリンターというのが世間の話題になり10年近く。総称はラピッドプロトタイピング(rapid prototyping)…[more]