真空注型-自動車用パーツ
2021.02.19
S660リアダクトフレーム
S660リアダクトフレーム

自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。
装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエンジニアリングしてデザインと設計を詰めていきます。

CADでの設計

データが完成したら、SLA光造形ででマスターモデルを制作して型を作成して成形となります。

成形後は磨いてつや消し黒で塗装。

当方では車をリバースエンジニアリングすることにより、精度の高い品物のデザイン・設計・製造が可能となっています。

下記サイトで販売しております。
S660リアダクトフレーム

カテゴリー

関連記事

2021.04.23
光造形による試作モデルの製作-デザイン検討用
製作を進めているワンオフカーのフロントグリルを光造形で試作しました。 フロントグリルの大きさは 910mm x 150m…[more]
2021.02.20
SLA光造形-自動車パーツの検討モデル
自動車用アフターマーケット向けのメーターパネルのデザイン及び設計を行い、このあと製造する為にデザインを詰める段階で3Dプ…[more]
2020.10.09
アルミダイキャスト部品 – リバースエンジニアリング
依頼内容:紙図と製品との差異があり、成形型を新規で起こす際、同等の物を製出来るデータが欲しい 普段フォリオデザインより鋳…[more]
2020.06.13
カーボンフェンダー デザイン・製造
弊社ではレーシングカーで使用されるカーボンパーツのデザイン・設計・製造を行っています。写真はSTI社が毎年走らせているニ…[more]
2020.04.30
ラピットプロトタイピング-ゴムライク出力
3Dプリンターというのが世間の話題になり10年近く。総称はラピッドプロトタイピング(rapid prototyping)…[more]
2020.09.05
テールランプ用ブラケット開発-リバースエンジニア
現在カスタムを手掛けている車両のテールランプ用ブラケットの試作図面です。 ブラケットを取り付ける部分は、画像からも分かる…[more]