光造形による試作モデルの製作-デザイン検討用
2021.04.23

製作を進めているワンオフカーのフロントグリルを光造形で試作しました。

光造形 フロントグリル試作モデル
光造形 フロントグリル試作モデル

フロントグリルの大きさは 910mm x 150mm の実寸サイズです。

光造形 フロントグリル ズームアップ
光造形 フロントグリル ズームアップ

お客さまのイメージを詳細にデータ化し、光造形で出力。リアルな試作モデルになりました。

ちなみに光造形とは3Dプリンターの一種で光硬化樹脂をUVで硬化させながら形状を造形していきます。弊社では400x400x600まで対応で来ます。
それより大きい場合はいくつかのピースをつなぎ合わせて最終イメージを制作します。
最近は中国製の安価な光造形機が出回っており、それでも制作可能ですが、流石にサイズが小さいので自動車部品には適していません。
あと、FDM方式と言われる3Dプリンターもありますが、これは剛性は出しやすいのですが、積層痕が割とはっきり出てしまうのであと仕上げが大変なので光造形がベストです。

光造形 フロントグリル 装着イメージ
光造形 フロントグリル 装着イメージ

こちらはフロントグリルを装着したところです。気になるホディの情報はまた別途お知らせいたします。

デザインがあるけど物が作れないや、データがあるけど試作モデルにコストをかけたく無いなど、受託にて請け負いますので試作等でお困りがあれば下記までお問い合わせください。

メール 問い合わせ

カテゴリー

関連記事

2020.08.07
3Dプリンターによる小ロット製造-小型GPSモジュール用ケース
交通機関の実証実験に使用するGPS受信機ケースの、デザインと製造の依頼をいただきました。 3Dプリンターで出力した46×…[more]
2021.02.20
SLA光造形-自動車パーツの検討モデル
自動車用アフターマーケット向けのメーターパネルのデザイン及び設計を行い、このあと製造する為にデザインを詰める段階で3Dプ…[more]
2021.02.19
真空注型-自動車用パーツ
自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエ…[more]
2021.02.19
リアスポイラーのデザインと設計・製造-リバースエンジニアリング
当社ではリバースエンジニアリングを用いて自動車用部品のデザインと製造をしています。今回は2020年に発売されたトヨタ・G…[more]
2020.09.02
3Dプリンターによる自動車模型製作
自動車メーカーよりご依頼をいただき、1/10 スケールの精密模型を製作中です。ほとんどの部品をオリジナルで一から作って行…[more]
2020.08.31
ABS樹脂 切削加工
ABS樹脂を切削加工し、アミューズメント施設の乗り物に付くハンドルを製作しました。こちらはお客さまのデータを基に加工を行…[more]