SLA光造形-自動車パーツの検討モデル
2021.02.20
SLA光造形

自動車用アフターマーケット向けのメーターパネルのデザイン及び設計を行い、このあと製造する為にデザインを詰める段階で3Dプリンターで出力しながら検討を進めます。
このあと量産に向けて再度デザインを修正して完成になります。

カテゴリー

関連記事

2020.09.02
3Dプリンターによる自動車模型製作
自動車メーカーよりご依頼をいただき、1/10 スケールの精密模型を製作中です。ほとんどの部品をオリジナルで一から作って行…[more]
2020.04.30
ラピットプロトタイピング-ゴムライク出力
3Dプリンターというのが世間の話題になり10年近く。総称はラピッドプロトタイピング(rapid prototyping)…[more]
2020.06.26
飛沫防止パーテーション用クランプ
飛沫防止パーテーション用のデスククランプをデザイン・開発しました。板金部品を使ったデスククランプは多く見かけますが、人目…[more]
2021.02.19
リアスポイラーのデザインと設計・製造-リバースエンジニアリング
当社ではリバースエンジニアリングを用いて自動車用部品のデザインと製造をしています。今回は2020年に発売されたトヨタ・G…[more]
2021.02.19
真空注型-自動車用パーツ
自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエ…[more]
2020.10.06
自動車アフターパーツ製作 – 3Dスキャナーを用いたリバースエンジニアリング
フォリオデザインでは車種やメーカーに捉われない、リバースエンジニアリングを用いたオリジナル自動車アフターパーツの製作が可…[more]