真空注型-自動車用パーツ
2021.02.19
S660リアダクトフレーム
S660リアダクトフレーム

自動車用の小ロット品を注型品で製造しております。
装着面を三次元測定(3Dスキャン)を行い、その点群データを元にリバースエンジニアリングしてデザインと設計を詰めていきます。

CADでの設計

データが完成したら、SLA光造形ででマスターモデルを制作して型を作成して成形となります。

成形後は磨いてつや消し黒で塗装。

当方では車をリバースエンジニアリングすることにより、精度の高い品物のデザイン・設計・製造が可能となっています。

下記サイトで販売しております。
S660リアダクトフレーム

カテゴリー

関連記事

2020.08.31
ABS樹脂 切削加工
ABS樹脂を切削加工し、アミューズメント施設の乗り物に付くハンドルを製作しました。こちらはお客さまのデータを基に加工を行…[more]
2021.02.20
SLA光造形-自動車パーツの検討モデル
自動車用アフターマーケット向けのメーターパネルのデザイン及び設計を行い、このあと製造する為にデザインを詰める段階で3Dプ…[more]
2020.10.06
自動車アフターパーツ製作 – 3Dスキャナーを用いたリバースエンジニアリング
フォリオデザインでは車種やメーカーに捉われない、リバースエンジニアリングを用いたオリジナル自動車アフターパーツの製作が可…[more]
2020.09.05
テールランプ用ブラケット開発-リバースエンジニア
現在カスタムを手掛けている車両のテールランプ用ブラケットの試作図面です。 ブラケットを取り付ける部分は、画像からも分かる…[more]
2020.08.31
無人搬送車(AGV)外装デザイン
倉庫や工場で使用される、パレット用 AGV (無人搬送車) 操作部の外装をデザイン及び設計・製作しました。 操作機器を効…[more]
2020.10.19
各種機器用 オリジナルケース – 精密板金加工のデザインと設計
フォリオデザインでは、IT機器や各種装置用のオリジナルケースをデザイン・製造いたします。 依頼内容 害虫を駆除するために…[more]