Development

3Dデバイス(スキャナー・CAD・プリンター)を駆使し、プロダクト開発を行います。

CAD

3DCADを駆使し、デザインと機能を両立させた設計を行います。

自動車部品製造で蓄積した経験を基に、組み立てや取り付け、強度などを考慮した設計を進めます。また、お客さまと綿密なお打合せを行い、設計による機能アップやコストダウンを提案させていただきます。

CAD:SolidWorks / Alias

リバースエンジニアリング

製品や部品をスキャニングし、3Dデータや図面を作成いたします。

高精度3Dスキャナーを使いデータを測定し、モデリングを行って行きます。製品開発サイクルが短くなっている現在の環境において、スピードアップやコストダウンに絶大な効果を発揮します。また図面が無い製品の、図面起こしにも対応いたします。現場でお困りの際にも早急に対応いたします。

使用スキャナー:HEXAGON

ラピッドプロトタイピング

3Dデータや3Dプリンターを活用し、最短で試作品の立ち上げを行います。

製品により近い精度のプロトタイプを短時間で製作します。形状確認や干渉チェックなどを非常に早く行えるようになります。また3Dプリンターを有効に利用するには、寸法があるだけのデータではなく、出力方法などを加味したものが必要です。フォリオデザインでは、データ作成からプロトタイプ出力まで、一貫したサポートが可能です。

検査

スキャニングしたデータとCAD図面データを利用し、現物の検査を行います。

製造工程で最も人手がかかるといわれている検査業務を、3Dスキャナーを使ってデータ化を進め、検査の短時間化と正確性向上を実現します。さらに、これまで測定が困難だった自由形状も、正確な検査を行えます。